沿革

1918 創業者上野政次郎上野商店を創立
1930 醤油のカビ止めの研究開始
1935 食品保存料「メッキンス」販売開始 
1938 伊丹工場完成
POBエステル(パラベン)、フェナセチン、その他のコールタール系薬品の生産開始
1945 上野製薬工業株式会社に改組
1948 東京支店開設
1955 上野製薬株式会社と改称
上野政次郎、発明協会会長賞受賞
1956 上野政次郎、発明協会発明賞受賞
1958 上野政次郎、大阪府知事賞受賞
上野政次郎、紫綬褒章受章
1960 動物薬の製造販売開始
1961 上野隆三「パラオキシ安息香酸エステルに関する研究」により工学博士号取得
1965 上野政次郎、勲四等瑞宝章受章
1966 総合研究所完成
1967 上野政次郎、取締役会長に就任
上野隆三、取締役社長に就任
ソルビン酸コーティング剤「ソルマイティ®」販売開始
1970 四日市工場完成
POB®の連続方式による生産開始
1977 赤色顔料、染料の中間体「BON3®」の製造販売開始
1979 上野隆三、近畿地方発明表彰 科学技術庁長官奨励賞受賞
(POBの製造方法ほか5件の発明)
1980 ニューヨーク支店開設
上野隆三、日本化学会化学技術賞受賞、及び
全国発明表彰内閣総理大臣発明賞受賞
(芳香族ヒドロキシカルボン酸の連続式製法の開発)
高性能樹脂LCPの原料となる「BON6®」生産開始
1981 上野隆三、紫綬褒章受章
現地法人UENO(USA),INC.を設立
1988 液晶ポリマー「UENO LCP®」販売開始
1998 上野隆三、勲四等瑞宝章受章
BON3ダストフリーの発明 
1999 上野化学薬品研究所が兵庫県三田市に完成
高流動・耐熱「UENO LCP® 6000」を上市
2000 伊丹工場にLCP生樹脂1,250ton/年プラント建設
(コンパウンドで2,000ton)してLCP事業に本格進出
2001 医薬品事業を株式会社アールテックウエノへ営業譲渡
四日市工場にLCP用モノマーPOB年6,000tonプラントを新設
LCPに関する射出成型法及びハーメチックモーター用ステーターコア用途を始めとする種々の用途特許を次々出願
四日市工場ISO9002認証取得
2003 上野隆三、取締役会長に就任
上野昌也、取締役社長に就任
これまで市場に存在しなかった低融点「UENO LCP® 8000」を上市し、フィルム及び封止用途において開発
化学薬品事業部・LCP事業部ISO9001認証取得
伊丹工場SONYの「グリーンパートナー」認証取得
2004 化学薬品事業部・LCP事業部ISO14001認証取得
2005 LCP生樹脂2,500ton/年プラントに増強
2011 微細コネクタ向け「UENO LCP® 3000」を上市
2016 会社分割により食品事業部を株式会社ウエノフードテクノとして分割